故人の遺品

遺品整理の意味とその作業

親族に不幸事があった場合は、葬式後に遺品整理を行わなければいけません。この理由の1つに、故人が住んでいた住まいの今後があるからです。特に単身で住んでいた賃貸の場合は、早めに住まいの明け渡しが求められます。このことも含めて、室内にある個人の所有物全てを整理していく必要があるのです。 この遺品整理は、一般的に49日の喪が明けてから行われます。しかし故人が賃貸に住んでいる場合や、遺族が遠方にいる場合などの事情から時期に関係なく行われることもあります。これらは遺族を対象に、故人の写真や貴金属などを形見分けしていきます。預金のある通帳や印鑑などは、遺産相続となるので慎重に行われます。このような作業を一通りしていくことが遺品整理であり、故人によっては遺品の量もバラバラです。多くの量を整理していく場合もあるので、遺品整理は時間や労力を使わなければいけない作業なのです。

一緒に作業を行ってくれる頼れるサービス

この遺品整理を行う遺族には、全員が高齢者であったりまたは遺族がほとんどいない場合などは作業をするのも大変です。そんな困った状態のときは、遺品整理を行う業者のサービスを利用すれば一緒に作業を手伝ってくれるのです。複数のスタッフが現場までかけつけてくれて、故人の多くの遺品を相続あるいは処分へと仕分けていきます。 処分するものは、トラックにそれらを積んで運搬してくれます。まだ使えそうなものは買取サービスへ、処分しないといけない物は処分場へと手続きを行ってくれるので助かります。業者の中には、不要な遺品を僧侶の基でお焚き上げするところもあるので真心のこもったサービスに遺族も安心です。 そして室内もきれいに掃除をしてくれて、賃貸の場合は問題なく住める状態へと整えられます。このように、困っていた遺品整理を一緒に解決してくれるので、多くの人から利用されるサービスとなっています。

Page Top