故人の遺品

親族が亡くなった際には、葬式の後に遺品整理を行なわなければいけません。故人が賃貸に住んでいた場合などは、早く整理を行なわなければその分家賃の支払いが増えます。遺品整理業者に相談してスピーディーに処分してもらいましょう。

» 詳しくはこちら

様々な葬儀

近年増えている葬儀が、家族葬です。家族葬は、家族や親戚、親しい友人を招いて行なう葬儀です。葬儀費用が安いというメリットがあります。火葬だけを行なう火葬式も増えてきています。

» 詳しくはこちら

人気の業者

遺品整理を行なう業者が人気を集めている。遺品整理は遺族に大きな負担がかかる作業だからである。遺族の配慮も忘れず、価値の有る遺品などもしっかり分けて不要なものだけ処分してくれるので非常に便利である。

» 詳しくはこちら

変化する葬儀の歴史

日本人の葬儀はどう変化してきたのか

明治時代の中頃までは、葬儀の形式が現在とはだいぶ違っていました。その頃の葬儀では宗教的な儀式を行うことが重視されており、故人との別れを惜しむための時間は特に設けられていませんでした。しかし、とある著名人の葬儀の際に、現在の告別式の原型となるようなセレモニーが実施されたことがきっかけとなり、宗教的な儀式とは別に、故人との別れを惜しむためのセレモニーが重視されるようになりました。時代が下るにつれて、宗教的な儀式がドンドン簡略化されてきて、現在では全く宗教色のないお別れの会的なセレモニーが執り行われるケースも登場してくるようになっています。もともと日本人は、特定の宗教を信仰していない無宗教の人が多いため、そのようなスタイルの葬儀も違和感なく受け入れられています。

今後どのように変わっていくと考えられているのか

今後の葬儀は、今以上に宗教色が希薄なものになっていくのではないかと考えられています。もちろん、特定の宗教を熱心に信仰している人もたくさん存在していますので、そういう人たちは、その宗教の流儀にのっとった形で葬儀を営むだろうと思われます。しかし、普段、宗教とは全く無関係な生活を送っている日本人が大勢いるのも事実です。昔、為政者が国民を統治しやすくするために、日本人全員が特定の寺の檀家になることを義務づけられた時代がありました。その名残が今だに残っているため、とりあえず何らかの宗派の仏教を信仰しているという形になっている人がたくさんいます。しかし、本当に形だけの信徒であるため、教義などは全く知らないという人が大半です。葬儀の時にだけ特定の宗教を利用することに対し抵抗感を覚える人が増えてきたため、今後は無宗教の葬儀が行われるケースが増えるのではないかと考えられています。

オススメリンク

  • 株式会社八光殿

    安心の制度を設けているので、葬式を柏原市で申し込みたいと思っているならこちらを確認しておくようにしましょう。
Page Top